Avionic Logger GL1020FTE

飛行テストにおけるCANバスデータのログ

GL1020FTEの概要

GL1020FTEデータロガーは、飛行テストに特化したアビオニクスバス通信の記録機器です。

与圧区画でのアプリケーションに適した設計により、飛行テスト中の多様な機体システムの通信データを自律的に記録します。

このロガーは、アビオニクス分野の電磁両立性 (EMI) に関する一般的な要求を満たしています。

主な特長

  • 短い起動時間
  • 高速データアップロードとダウンロード
  • 豊富なフィルター条件およびトリガー条件設定が可能
  • CANoe、CANalyzer、CANape、vSignalyzerでの手軽なオフラインバス解析が可能
  • 防塵性、防湿性に優れた筐体
  • 以下への耐久性を備え、厳しい環境での使用に最適
    • 一般的な加速
    • 運行時の振動

アビオニクス関連機能

  • DO-160Eに準拠した設計
  • 機内のバス通信に影響を与えない
  • 短絡からの保護
  • 落雷の間接的な影響からの保護
  • 固定穴付きの取付金具
  • 一般的なアビオニクス要求に準拠した高周波放出および感受性
  • 36,000ftまでの高度で動作可能

機能

  • トリガーによるロギング: シンボリックメッセージ、CANメッセージID、シグナル値のいずれかでトリガーでき、前/後トリガー時間も設定可能
  • 条件によるロギング: 開始および停止条件を設定できるほか、フィルターオプションによりデータ量を抑制
  • 設定可能なLEDで多様な状態を通知
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント