CAN、AFDX®/Ethernet、ARINC 429用バスインターフェイス

開発、シミュレーション、テスト、分散システムの保守に使用されるソフトウェアツールには、高性能でフレキシブルなハードウェアインターフェイスとロギングソリューションが必要です。

ベクターは、CAN、AFDX®/Ethernet用のインターフェイスだけでなく、ベクターのソフトウェアツールやお客様固有のソリューションで使用するドライバーソフトウェアおよびプログラミングインターフェイスを提供しています。

バスシステム インターフェイス PC接続
CAN:
主な特長...
  • 高データスループット (80,000メッセージ/秒)
  • 正確なタイムスタンプ
  • 幅広い種類の交換可能なトランシーバーによる高い柔軟性
  • カード上でメッセージを前処理することによりPCへの負荷を削減
  • 1Mbitのバースト転送でもデータの損失なし
  • FPGA内ファームウェアは更新可能
  • 外部接続 (パーティーライン) を介して、他のハードウェアとの時間同期が可能
  • CANcardXLe (ExpressCardインターフェイス) およびTWINcabにより最大4チャンネルをサポート
  • VN8900ネットワークインターフェイスをCANoeやCANalyzer、CANapeと組み合わせて使用すれば、高性能なリアルタイムプラットフォームが実現します。Simulinkでのシステムシミュレーションやバイパス実行をはじめ、残りのバスシミュレーション、ゲートウェイ実装、テスト実行 (MiniHIL)、さらにスタンドアローンでの簡単なデータロギングに至るまで、数多くの分 野に活用できます
CAN固有の機能:
  • エラーフレームの検出と生成
  • バス負荷を正確に測定
  • CANバスに影響を与えずにCANバスを解析 (サイレントモード)
  • データおよびリモートフレームの送受信

VN1600
VN8900 (VN8950)
CANboardXL
CANboardXL PCIe
CANboardXL pxi

USB (RT PC)
USB
PCI
PCIe
PXI
AFDX®/Ethernet and CAN:
主な特長...
  • 独立した2つのEthernetチャンネル: 標準Ethernet (100Mbit/1000Mbit) さらに独立した2つのBroadR-Reach (100Mbit) チャンネルに対応
  • 2つの高速CANチャンネル
  • 複数のデバイスと他のバスシステム(CAN、LIN、FlexRay、MOST) 間の同期
  • 2つのノード間のEthernetモニタリング
  • 再構成可能なFPGAハードウェアアーキテクチャーによる高い適応性を利用してCAN FD用に対応可能
VN5610
USB
AFDX®

AFDXEnd System T
(TTTech社製)

PCI/PCIe
ARINC 429:
主な特長...
  • ARINC 429 TX 4チャンネルおよびARINC 429 RX 4チャンネル
  • 高速および低速通信をサポート
  • USB 2.0によるホストへのインターフェイス
  • 外部電源供給が不要
  • 正確なタイムスタンプ
  • 複数のデバイスおよびその他のバスシステム (CAN、Ethernet、AFDX®など) との同期
  • アナログ/デジタル入出力

VN0601

USB

CAN用バストランシーバー

(AFDX®はエアバス社の商標登録です。)